NEW POST

三方六 めんこく積んだ

薪の基本となるのは長さ二尺、直径一尺二寸の丸太である。 これを六割りにすると一片が六寸の三方六と呼ぶ三角形の薪ができる。 この三方六を幅六尺、高さ五尺に積み上げた量が 『一敷』であり、三方六の約百本分である。 なるほど!!                     
 柳月の「三方六」 か あのお菓子の名は ここからか
e0009695_19233501.jpg

[PR]
by oketokina | 2018-06-29 19:24 | ブログ | Comments(0)

木道一筋 師匠!いっぷくしたいニャン!!   **Kina Design**


by oketokina